【福花堂】デザインの力で質感も味も伝える。ロゴ、パッケージ、ホームページ、自社ブランドの立ち上げをフルサポートしてもらえました!

54 view

有名テーマパークや大手アイスクリームショップを主な取引先に持つ洋菓子製造メーカー、蓮沼食品。10名ほどの小規模な工場ながら、確かな品質で外食産業を支え続けてきました。

自社ブランドを立ち上げたいとご相談いただき、ブランドコンセプトとネーミングの策定、ロゴ・パッケージデザイン・ホームページの制作と新潟直送計画の出店まで、フルパッケージで担当させていただきました。
ご依頼の経緯やプロジェクトを進める中で感じたことを、代表の蓮沼さんに伺います。

有限会社蓮沼食品 代表取締役 蓮沼義行 様

燕市(旧分水町)生まれ。地元の高校を卒業後、東京の大学に進学。Uターンし長岡市の菓子問屋に就職後、実家の稼業である有限会社蓮沼食品に入社。先代社長の死去に伴い、41歳の若さで代表取締役社長に就任、現在に至る。
製造・経営ともに数字に強い経営者。「厳しそうな方という第一印象でしたが、話していくうちに芯のあるあたたかい方なのだと分かりました」という担当営業の水澤の言葉通り、冷静さと優しさを併せ持つ。プライベートではワインや旅、ギターの演奏など多く趣味な面も。

担当スタッフ

■ディレクター:星山充子
■デザイナー:石田美優
■アカウントプランナー:水澤純

卸先に頼らない、自社ブランドを立ち上げたい!

ー ご依頼の経緯を教えてください。

蓮沼:この1年で売り上げが落ち込んだことがきっかけです。2020年は新型コロナウイルスの感染拡大が、売り上げに大きく影響しました。これまで蓮沼食品では、OEM(製造メーカーが、他社ブランドの製品を受注製造すること)のみを行っていて、ファミリーレストランやテーマパークなどが主な取引先だったんです。全国チェーンの大手企業にシュークリームを納品していたのですが、外出自粛などの影響で外食産業は大打撃を受け、それに伴い蓮沼食品も受注が激減。2020年5月の売り上げは昨年対比50%にまで落ち込みました。

このままではダメだと、卸先に頼るだけでなく、自社でも商品を持って販売したいと考えました。けれど、ノウハウも、自社のホームページも無い状態で。同業他社の中には、早くからホームページを持っている会社もありましたが、ほとんどが自力で作った簡易的なもので、プロが作っていないことが一目瞭然でした。洋菓子を自社で販売するとなると、ビジュアルが重要なのは分かっていましたが、そのビジュアルを作るための技術もアイデアも自分たちには無い。銀行に相談して、紹介してもらったのが新潟直送計画だったんです。やるなら徹底的にと、ブランド名、ロゴ、パッケージ、リーフレット、ホームページと全て依頼することにしました。

シュークリーム製造の様子

水澤:デザイン会社にロゴを、WEBサイト制作会社にホームページを、とバラバラに発注すると、ブランドコンセプトを守るためのデザインの制約があったり、画像や写真の提供が必要になったりと、スムーズに進まないことも多いんです。大きな企業であれば、WEBやデザインの担当者が専任でWEB制作会社やデザイン会社とやりとりできますが、小規模な事業者さんの場合、現場の仕事をこなしながら、不慣れなデザインまわりのやりとりを数社とするのは大変です。

新潟直送計画は、ブランド立ち上げに関することを立案から作成、公開まで一括でできますし、公開後の販路を持っているのが何よりの強みです。ほとんどのデザイン会社は、デザイン納品までしかカバーできませんが、新潟直送計画は「売る」場所を持っているので、一緒に商品を育てていくお手伝いができます。

小さな幸せを表現したブランド名と、五感を呼び起こすロゴ

蓮沼:シュークリームを自社商品で作るなら、ブランド名があった方が良いとも考えていました。社名の「蓮沼食品」では固い印象になってしまうので、お菓子のイメージに合うやわらかい名前が欲しかったのですが、これも自分たちでは良い案が浮かばずブランド名も考えてもらいました。提案された3つの案の中から全員一致で選ばれたのが「福花堂」です。

石田:「福花堂」という名前は、シュークリームを食べる時のうれしさや楽しい雰囲気をイメージして付けました。シュークリームを食べる時間は、日々のちょっとしたご褒美。とっておきの贅沢ではなく、日常の中にある小さな幸せだと思うのです。箱から取り出し、ほおばる時のわくわくとしたやさしい時間を表現するブランド名となるよう考えました。

ロゴマークも、シュークリームのぽこぽことした形や美味しさがまっすぐ伝わるデザインにしています。その商品が持っている質感(触覚)や味(味覚)も伝わるような、視覚だけでなく他の感覚も呼び起こすグラフィックになったと思いますね。

蓮沼:シュークリームなどの洋菓子のネーミングは、カタカナやアルファベットを使った横文字になると思っていましたが、固定観念にとらわれていましたね。自分たちでは思いつけないブランド名とロゴデザインで、いい意味で予想を裏切る提案をしてもらえました。

水澤:蓮沼食品様は50年以上洋菓子の製造を続けてこられたエキスパートです。その歴史や経験に裏打ちされた、落ち着いた雰囲気も表現されていると思います。

ー パッケージについてはいかがですか?

蓮沼:依頼当初は、シュークリームの袋一つ一つにシールを貼りたいと考えていましたが、通販では見せ方が違うと教えてもらい勉強になりました。

星山:一番外側にくるパッケージと、商品を見てもらうためのホームページ、この2つを優先しましょうとご提案しました。ネット通販では、お客様は注文した後、包装の段ボールを開け、外箱を開いて初めて中身を見ます。個包装のデザインよりも外箱とホームページに時間とお金をかけた方が、ネット通販の売り上げに繋がります。また、在庫で真っ白なケーキ箱が大量にあるとお聞きしたので、この箱を生かしたデザインになるよう考えました。

3種類の商品に合わせた掛け紙

蓮沼:今ある資材を生かせて、経費も抑えられ助かりました。こちらが依頼したものを作ってもらうだけではなく、通販やBtoCの視点から提案してもらえ、とてもありがたかったです。

企業と消費者、ホームページで双方向へのアプローチ

蓮沼:ホームページを公開してから、取引を考えている企業から問い合わせが来ています。自社のページを持つことで、企業と直接やりとりができるようになったのは大きな変化ですね。このコロナ禍で商談会もほとんど無くなりましたし、これからはオンラインでの商談会に移行していくと思うので、今のタイミングでホームページを作っておくことができてよかったです。依頼してから約3ヶ月で納品と、スピード感のある対応をしてもらいました。

水澤:蓮沼さんから「新潟直送計画の出品商品を見た企業から、ホームページを通してOEM製造依頼がきたよ」とお電話頂いた時はとても嬉しかったですね。この例のように、消費者向けのオリジナル商品を見て、企業が製造元をたどり取引に繋がるケースも多いと聞きます。ホームページがあれば、シュークリームを食べる消費者にも、OEMを希望する企業にも、どちらにもアプローチできます。「福花堂」というブランド名を先に認知してもらうことで、これはどこが作ってるんだろう?と蓮沼食品様を知る流れは今後さらに増えてくるはずです。

蓮沼:これまでは製造現場をあまり見せてこなかったのですが、シュークリームが出来ていく様子を撮影し、それをホームページにも使ってもらったことで見せ方も勉強になりました。商品を直送計画の担当者に送るだけで、プロのカメラマンに美味しそうに見えるコーディネートで撮ってもらえましたし、新潟直送計画に頼んだ甲斐がありました。

変わらない品質で、より愛される商品へ

水澤:蓮沼食品様はISOの取得がとても早く、衛生面でも製造体制でもすみずみまでメーカーとしてのプロ意識が行き届いていると感じています。

蓮沼:衛生管理はOEMの基本中の基本で、細かな管理項目に応えられるよう徹底しています。企業向け、消費者向けでそのレベルを分けることはありません。同じように管理された工程で作られた、美味しく安心なシュークリームを多くの方に食べていただきたいと思っています。

水澤:新潟直送計画は、安心安全なものを提供するメーカーの方々と、それを求める購入者の方が集うマーケットに成長しています。「どこの誰がどうやって作っているか分からないけれど安いもの」を買うのではなく、作り手の顔が見え、思いを感じて商品を選ぶ。そんな購入者と、生産者の間で生まれる信頼関係が育まれる場所として、より価値を高めていきたいです。

通販は、画面の向こうにいる顧客に向けて話しかけるようにこつこつレビューに返信したり、商品の改善をしたりと努力することで、年々少しずつ売り上げが伸びていきます。新潟直送計画の平均年間売り上げデータを見ても、出店年数と売り上げ高がきれいに相関しています。

自社オリジナル商品を持ったことで、出来ることの幅は大きく広がります。例えば工場直売もその一つです。ホームページ制作を担当した企業さまにはGoogleマイビジネスの登録もお手伝いしているのですが、ホームページのURLと商品写真を掲載したら、Googleマップでの工場へのルート検索が急激に増えました。月に一度工場でシュークリームの直売をしたら地元の方との接点も生まれて良いかもしれませんね!

通販を伸ばすことはもちろん、福花堂のシュークリームで笑顔になる人を増やす取り組みを一緒にしていきたいです。蓮沼さんの企業力と商品力なら、絶対伸びると確信しています。ブランドとして歩き始めた福花堂を、引き続きサポートしていきます!

福花堂様の出品商品

シュークリームスイーツ「ブルーベリーレアチーズ」 – 福花堂

シュークリームスイーツ「カスタードクリーム」 – 福花堂

シュークリームスイーツ バラエティーパック – 福花堂

\ SNSでシェア /