燕市内限定「燕市オンライン環境整備補助金」が公募開始!ECモール出店やWEB制作に最大50万円の補助金がでます!

187 view

「燕市オンライン営業推進支援補助金」の公募がスタートしました。

燕市オンラインオンライン環境整備補助金

新しい生活様式に対応したビジネススタイル(非対面型ビジネス)を推進する事業者に対して、インターネットを活用した県内外などへの販路開拓・販売拡大を図る経費の一部が補助されます。

例えば、ECモールへの出店やWEB制作に掛かる費用などが補助対象となり、新潟直送計画への出店にも活用できます。

補助金申請例

※弊社は燕市外のベンダー企業であるため、補助率1/3(上限30万円)となります。

新潟直送出店費用(2商品) 20万円
WEBサイト制作(EC機能なし) 40万円
費用総額 60万円(補助額20万円/自己負担40万円)

燕市オンライン環境整備補助金の概要

補助額について

【燕市のベンダー企業を利用する場合】

  • 補助率:補助対象経費の2分の1以内
  • 上限額:50万円

【燕市外のベンダー企業を利用する場合】

  • 補助率:補助対象経費の3分の1以内
  • 上限額:30万円

対象経費から消費税及び地方消費税を除いた額に対して、上記の補助率(額)が適用されます。

公募期間

  • 2021年4月1日~2022年1月31日

予算が上限に達した時点で予告なく受付を終了します。

補助対象経費(ウェブサイト等構築費)

  • ホームページ・ECサイトの作成、改修に係る費用
  • 動画制作にかかる費用
  • デジタルプラットフォームの利用費(令和4年2月分まで)
  • その他補助対象事業に必要と市長が認める経費

補助対象者

    • 燕市内に事務所または事業所を置く中小企業(個人事業主含む)
    • 市税を滞納していない事業者
    • 国や県等の他の期間から当該事業に係る補助金の交付を受けていない事業者
    • その他特記事項に該当しない事業者

※特記事項の内容はこちらからご確認ください。

対象となる事業期間

  • 補助金申請日後ではなく、補助金交付決定通知日以降からの事業が対象ですのでご注意下さい。

※補助金交付決定通知後から2022年2月28日まで

対象とならない経費

  • 補助金交付決定通知日より前に開始された事業に係る経費
  • 電子商取引の導入または、動画の挿入を伴わないウェブサイトの更新に係る経費
  • 個人が立替払いをした経費
  • パソコン・タブレット端末・スマートフォンの購入費
  • 工事費、自社人件費、飲食費、旅費、宿泊費、広告費(SNSを活用したWEB広告など)
  • 相殺等により補助対象経費として明確に区分できない経費
  • 補助対象経費の必要性及び金額の妥当性を証拠書類によって明確に確認できない経費
  • その他、対象事業に係る経費として認められないもの

燕市オンライン環境整備補助金

新潟直送計画へのご出店やWEBサイト制作のご相談、申請サポート等させていただきますので、お気軽にお問合せください。

お問い合わせはこちら

\ SNSでシェア /